2008年06月04日

朝練前の様子

朝練に行く前、起き立ての様子です。


.

やはりかなり眠たいようで
毎朝必ずクッションにうずくまります(^_^;

左が一男、右が四男です。

二男と三男は着替え中です。

でもだいぶ成果がでてきたんですよ〜(^_^)

特に三男と四男、最近調子がいいんです。

今度の15日には一男二男の同学年の試合、
今度の29日には三男四男の同学年の試合が
あります。

楽しみです(^_^)


いつもありがとうございます。
またまたカチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
posted by ランチ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

虫垂炎!?

昨日から二男の調子が悪いんです。

で、おとついからは一男の調子が悪いんです。

日曜の練習も一男は途中で帰っています。

昨日、病院に行き、

一男は虫垂炎に近いとのこと。

待てよ、近いって何?

なりかけってこと?

でもおしっこやウンチや血液の検査をしても

何ともないみたいやし...。

結局は疲れの出やすい時季やからということでした。

またまた待てよ、出やすい時季って?

イメージ的に夏とか夏の後なら疲れも出そうな

気もしますが、こんな時季に疲れるもんなんでしょうか?

まあ、素人が勝手に言ってるだけですけど(^_^;

二男は一男ほど検査はしなかったんですが、

これまた時季的に疲れているとのこと。

二男に関しては時季的にというか、

たぶん気分的にだと思います(^_^;

今日、二人とも学校には行ったんですが、

帰って来そうな予感...。


いつもありがとうございます。
またまたカチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
posted by ランチ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 一男と二男 | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

子供たちと大人たち、一つになる

昨日も試合がなかったんですが、
三年生の子供が集まってサッカーをするとのこと。

さて、いっちょもんでやるか!

お父さん、一男、二男も連れてはりきって参加です。

とはいえ、子供が主導で遊びみたいなもの
やろうと思っていたんですが、
到着すると、子供たちスパイクを履いて、
まさに練習のカッコです。

ぢぇみに達、ふつ〜のカッコです(^_^;
三男四男にいたってはボールすら持ってきてません。

さらには、よそのお父さん3人も来ています。

練習時の指導者より多いやん(^_^;

そしてお父さんたちもスパイクを履いて
本気モードです。

何が始まるんや?

どうやら普段できていない練習をしたかった
ようです。

これにはお父さん、賛成です。

お手伝いしますよ〜。

しかしサッカー経験者でも、自分の子以外に指導することは
初めてのようで、子どもたち、理解できません(^_^;

たくさんの子供に指導するのは難しさを
久しぶりに感じました。

最後には子供たちお楽しみのミニゲームです。

子どもたち、これが楽しみできてるんです。

そして、子どもたち以上にお父さんたちも楽しみにしています。

お父さんたち、子供相手というのを忘れてます。

大人気ないですよ(^_^;

最後にはみんな満足で終わることができました。

たまにはこのように親が子供たちとサッカーするのは
いいですね。

こうして親同士にもつながりができ、
子供と親を合わせて一つのチームになるんだなと
思いました。

ちょっと大変ですが個人的には試合がない日曜は毎回しても
いいのではと思います。

でも、筋肉痛は辛いかな。歩きにくいです(^_^;



いつもありがとうございます。
またまたカチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
posted by ランチ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

がんばれ男の子!

昨日、洗車をしながら見ていた、
よく知らない子が、おもしろかったんです。

4才ぐらいの男の子
 「お姉ちゃん、鬼ごっこしよう。」

10才ぐらいの友達と遊んでいたお姉ちゃん
 「...いいよ。」

 お姉ちゃん、ちょっとめんどくさそうです(^_^;

男の子:「じゃあ、お姉ちゃんの鬼からな。」

お姉ちゃん:「...。」

 お姉ちゃん、明らかに嫌そうなんですが、
 弟の為に一応付き合ってる感じかな?
 
 男の子、楽しそうに逃げて行きました。

 鬼ごっこ、スタートです。

男の子:「ちょっと、タンマ(タイムのことです)」

 開始3秒で捕まってしまいそうです。

お姉ちゃん:「はい、タッチ!」

 開始4秒で男の子、鬼です(^_^;

男の子:「ちょっと、タンマって言うたやんかー。」

お姉ちゃん:「そんなん言うてたら鬼ごっこに
       ならへん。」
 
 ごもっともです。

男の子:「でもすぐにタッチしたら 僕が
     鬼しなあかんやんかー。
     僕はちっちゃいんやから
     タッチしたらあかん。」
 
 うんうん、気持ちはわかる。でも、鬼ごっこですから。

お姉ちゃん:「あんたがしようって言うたんやろ?
       嫌ならやめるで。」

男の子:「...じゃあ鬼する。」

 がんばれ、男の子!

 しかし、お姉ちゃんにも、その友達にも
 全くタッチできそうにもありません。

 4才と10才じゃな〜。

男の子:「誰も捕まってくれへんやんか!
     ずるいわ、もう帰る(T T)」

 大泣きで帰っていきました。
  
 しかし、お姉ちゃん、何事もなかったのように
 友達と遊び始めました。

 お姉ちゃん、追いかけんでいいん?

 やはり友達と遊ぶほうがおもしろいようです。

 う〜ん、仕方がないか。

 おや?男の子再登場です。

男の子:「なんですぐにタッチするんよー。」

 どうやらまだ納得できないようです(^_^;

 きっと、男の子は、幼稚園か保育園で先生や友達と
 する鬼ごっこのイメージがあったんでしょうね。

 同年代だと、それなりに続くんでしょう。

 しかし、お姉ちゃんは手加減なしです(^_^;

 お姉ちゃんの気持ちも男の子の気持ちも
 よくわかります。

 わかるだけに妙に面白かったんです。

 でも男の子には、いい勉強になったかな?

 今度、おっちゃんが相手してあげるよ。


いつもありがとうございます。
またまたカチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
posted by ランチ at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。